超大作アクションRPGのスカイリムの世界の説明

スカイリムはベセスダ・ソフトワークスから出されたオープンワールド型アクションRPGで、日本ゲーム大賞2012で「年間作品部門」において「優秀賞」受賞している作新であり、その人気から売り上げは約6億5000万ドル(約510億円)を記録したとされています。

オープンワールドであるために広大な世界を自在に冒険できるため、定められたルート(順番)でクリアしていかなければならないといった制限がなく、自分の意思で好きなように探索することが可能になります。

スカイリムでは数あるオープンワールド型のアクションRPGの中でも、その世界の広大さやグラフィックのクオリティが高く、海や川・森・山・洞窟・大都市・村など様々あり、まさに現実さながらの世界を歩き回っているかのような感覚を味わうことができます。

また無数にある街の中などではNPC(プレイヤーではない人間)が住んでおり、その街の中で様々なNPCとの交流が生まれ、その中で些細なことからこの世界を変えるような大きな物語にまで発展するといったこともあり、フィールドでの風景のリアリティさはもちろんのこと街中であってもこうした人間ドラマが存在するようなリアリティのある世界を楽しむことができます。

人気作であることからネット上ではスカイリムにまつわる攻略サイトもたくさん有り、基本的な説明からこの作品をより楽しめるために必要な情報も多数掲載されています。