Posts From 7月 2013

Googleが今年からネット広告の中で$8.8Bを販売

Googleは、今年新しい予想によって、残りのその競争者が2年連続で組み合わさったより移動広告を売ることになっています。

調査会社eMarketerによって木曜日にリリースされる予想によってその広告パートナー(その前年に対する92パーセントの増加)に歩合を支払った後に、ウェブ巨人は、今年モバイル広告から収益で88億ドルを生み出します。

移動広告売上高は今年ほぼ160億ドルに達することになっています。そして、Googleが56パーセントの株式を持っていることを意味します。Googleは2012年に移動広告の中で46億ドルを販売しました。そして、市場の52パーセントを占領しました。

Facebook(5.3パーセントのその2012の市場占有率を十二分に二倍にします)が、市場のほぼ13パーセントとともに非常に遠い第2の場所に入る思っています。インターネットラジオ・サービス・パンドラは、2とともに3番目に入ることになっています。5パーセント(Twitterの1.95パーセントが続く)。

Googleは今年デジタル広告からほぼ390億ドルを生ずることにもなっています。そして、2012のeMarketerからの19パーセントのジャンプが予測されます。Facebookは5パーセントの株式とともに2番目に再び入ることになっています。そして、yahooの3パーセントが続きます。

「すべてのデジタル・プラットホームの向こうで、Googleは同様に米国でのデジタル広告出費で最も大きな受益者だけでなく、世界的なものとして支配し続けます」と、eMarketerは声明で述べていました。

消費者が閲覧している彼らのインターネットのためにスマートフォンとタブレットにますます振り向いて、モバイル広告はインターネット会社のために重要な収益ストリームを証明しています。そして、eMarketerの予測が市場の王としてGoogleを王位につかせる間、Facebookは、ウェブ巨人の領域への迅速な前進を示しています。

しかし、移動広告への移行は、インターネット会社のためにその衝突なしでありませんでした。彼らがデスクトップ・ブラウザーで発表される広告の役に立って、広告主は小さなものの上でさらに同じだけを広告に対する代金として払う気がありませんでした。そして、価格を広告しているGoogleの平均の低下に至りました。落ちる戦闘にとって、Googleは現在デスクトップと移動広告スペースを買うことを広告主に要求します。

マルウェアを組み込んだ偽造ゲームアプリをダウンロードして個人情報漏れ

ゲーム悪いブタの聞こえます?または、それは悪いこぶたですか?一部の賢いハッカーは、Google Play店でだまして悪意のあるアプリを一番上のゲームの1つと類似しているように作成することに決めました。そして、人々が通知をする前にそれは10,000回以上ダウンロードされました。

それがBad Pigs(それはBad Piggiesと同じアートワークとアプリ説明を持っていました)を見つけて、Googleに知らせたと警備会社F-Secureは水曜日に書きました。 2つのアプリの唯一の見た目の違いはアプリと開発者の名前でした。その人はRovioよりもむしろ「ダン・ストークス」でした。F安全なものによれば、Googleは悪いブタをGoogle遊びから引き離しました。

悪いPiggiesは、Google Playの上で最も流行のゲーム・アプリの1つです。Rovio(Angry Birdsと同じ開発者)によって人工の、アプリはAndroidとiOSプラットホームで非常によく済まします。ゲームの人気は、用心していない消費者のために模倣的なマルウェアをつくることをハッカーでますます良くします。

F-Secureによると、人々が彼らのモバイル機器にBad Pigsをダウンロードしたとき、彼らはマルウェアを不注意にダウンロードもしたかもしれません。 伝えられるところでは、大量の許可(セッティング、個人情報へのアクセスとより多くを変える能力を含む)をゲームはユーザーに求めました。

Google Playには検出して、マルウェア、スパイウェアとトロイの木馬でアプリに対してブロックするために動くフィルタがあります。しかし、これらのろくでなしの一部は隙間を明らかに通り抜けます。いくつかの悪意のあるアプリは、過去の二年間の間Googleのセキュリティ・システムを回避しました。 悪いブタは、2013年5月25日にGoogle遊びに関して明らかにデビューしました。

ポケットWiFiの使い方

ポケットWiFiを使うためには大きく分けて二つの方法があります。
ひとつはレンタルをする方法で、もうひとつはポケットWiFiを購入してプロバイダと契約するという方法です。

ポケットWiFiのレンタル

ポケットWiFiをレンタルするメリットはなんといっても色々な会社のものを利用することができます。
ポケットWiFiは会社によって繋がりやすいエリアなどがありますし、大きさや重量などを比較するのにもピッタリです。
また、実際に利用してみてポケットWiFiがあなたの生活に必要かどうか、どれくらい便利なものなのかといったことを確認するのにもレンタルは良いですね。

ポケットWiFiのレンタルには1日レンタルのものもあれば1ヶ月単位でのレンタルもあります。
傾向としては1ヶ月レンタルの方が1日あたりの料金は安くなりますが、例えばちょっとした出張の間だけポケットWiFiを利用したいときなどに便利ですね。

ちなみにポケットWiFiのレンタルは通信料の上限は設定されていないことがほとんどなので気兼ねなく利用することができるのも嬉しいポイントになります。

プロバイダと契約

ポケットWiFiを実際に購入して、プロバイダと契約する、という使い方があります。
こちらが一般的なポケットWiFiの使い方になるのではないでしょうか。
費用としてはポケットWiFiの購入費と毎月の利用料になるのですが、ポケットWiFi本体の価格は数万円します。
しかし同時にプロバイダと契約することによって料金を大きく下げてくれる場合もありますし、場合によっては無料になることも。
基本的にポケットWiFi本体の料金は通信料金に含ませることで安くしているところが多く、乗り換えなどもかなりやりやすくなっています。
現在の携帯電話の利用方式とよく似ていますね。詳しくはポケットWiFi端末2013年の最新機種をチェックしてみましょう。どれも無料で貰えるプロバイダがおすすめです。対応速度を比較して選んでください。
ポケットWiFiを購入してプロバイダと契約するメリットは通信費など利用料金がレンタルよりもずっと安くすませることができるという点にあります。
ただ契約するプロバイダによって通信制限が設けられているので注意が必要です。

PS2とUSB

パソコンを自作しているとPS2やUSBといった単語を耳にすることがあるかと思います。
いずれも【接続規格】で、外部デバイスとの接続を行うためのポートになります。
例えばキーボード、マウス、プリンターなどがありますね。

以前はPS2が標準的な接続規格だったのですが、転送速度の問題や、汎用性の高さの問題からUSBがメインになりました。

USBなら電源を入れたままで挿し抜きできますが、PS2だと電源を入れなおさないと外部デバイスを認識しないことも多いので、便利さという意味でもUSBのほうに軍配が上がりそうです。自作パソコンのおすすめBTOメーカーといえばマウスコンピューターですが、最近はUSB3.0が付いているケースが多いようです。

USBの種類

USBは「ユニバーサル・シリアル・バス」の略です。
ありとあらゆる外部デバイスの接続規格を統一するために生まれた規格ですので、汎用性がとても高いです。
USBには1.0から3.0までの規格があります。

USB1.0

USB1.0は最初に登場したもので、最大12Mbpsまでの転送速度を生み出しています。
この頃はまだPS2の方が主流でした。

USB1.1

USB1.0にさらに電源の管理機能が改善されたものです。
転送速度は1.0と同じ12Mbps。

USB2.0

現在主流となっている外部接続規格となっています。
1.0が12Mbpsまでの転送速度だったのですが、最大480Mbpsまでの転送速度を実現しています。
また電力供給の面も強化されており、500mAまで可能。

USB3.0

2008年に発表された現在最も新しいUSBの規格です。
最大転送速度は5Gbit/sと2.0と比較しても桁外れの転送速度を実現しています。
そのため、フラッシュメモリや外付けHDDなどに最適。
また供給電力も900mAと、2.0の倍近い数値に。
最近販売されているマザーボードには必ずといっても良いくらいUSB3.0が搭載されています。

このように、同じUSBにも色々な種類があります。
今後のパソコンで出来ることを考えると、高速通信が重要視されてくると考えられるのでUSB3.0を搭載しているマザーボードを自作パソコンに組み込んでいったほうが良いでしょう。
もちろん2.0にしか対応していないデバイスも多いので、どちらも搭載しているのが望ましいです。