マイクロソフトがソフトウェアに対する海賊行為事件を解決する

マイクロソフトは、ソフトウェアを剽窃する誰でも追跡することで知られています。偽造者がどんな国にいるかは重要でありません。技術巨人は彼らを求めます。

この探求において、昨年に世界中で3,265のソフトウェアに対する海賊行為事件を解決すると、同社は火曜日に発表しました。19の異なる州で、これらのケースの35は、米国にありました。そして、3,230は、42の異なる国で行われた国際的な事件でした。

「ソフトウェア偽造は、否定的にローカルで世界的な経済成長に影響を与えて、革新を抑えて、消費者と企業を危険にさらされているようにします」と、マイクロソフトCybercrimeセンター同僚法務責任者デイビット・フィンは声明で述べていました。

大部分の海賊行為事件がその顧客から先端のため、始まるとマイクロソフトは言いました。一般的に、彼らが買ったアイテムの上で、あるいはソフトウェアが正しく機能しないならば彼らがマルウェアソフトとウイルスを見つけたあと、人々は偽造ソフトをマイクロソフトに報告します。マイクロソフトによると、450,000人の顧客は2005年以降海賊版ソフトを連れに報告しました。

解決される事件の1つは、中国にグループを越えて寧波でした。マイクロソフトによると、伝えられるところでは、同社はWindows、オフィス、ServerとVisual Studioソフトウェアを侵害しました。

3月に、マイクロソフトは海賊版ソフトの世界に、研究を依頼しました。市場に出ているソフトウェアの33パーセントが偽であることが、調査で明らかになりました。海賊行為と偽造ソフトがデジタル宇宙で激烈になる。そして、多くのユーザーが彼らのソフトウェアが偽のことをさえ知らないかもしれないと調査は主張します。

訴訟で海賊を求める他に、マイクロソフトも、偽造者を止めようとする他の手段を使用します。それはGoogleに世界の他のどの会社よりも多くのURLテークダウン要請を起こします。これらのサイトが著作権で保護されたか剽窃された資料を扱うと主張します。2011年7月と2012年5月の間で、マイクロソフトはGoogleに合計2,544,209のURLを削除するよう依頼しました。