数千の企業が米エージェンシーとデータを交換

分類された米国の情報収集についての最近の意外な事実に関するねじれにおいて、伝えられるところでは、数千社も機密扱いの情報と引きかえに全国警備局に機密情報を提供しています。

米国のインターネットとテレコミュニケーション企業は、政府機関に顧客の個人的な通信よりもむしろ脆弱さと器材仕様のような情報を提供しています。関係者は、ブルームバーグを言います。

国家安全保障局(CIA、FBIと国の基盤を擁護するだけでなく、その敵のネットワークにも潜入させるのに用いられることができた情報を提供する米軍だけでなく)とともに、ソフトウェア・メーカー、インターネットセキュリティ・プロバイダーとテレコミュニケーション・プロバイダーには、その中に協定があります。そして、ブルームバーグが報告されます。そして、以下のように言います。

フィックスを公的にリリースする前に、マイクロソフト(世界最大のソフトウェア会社)は情報部にその人気があるソフトウェアのバグに関する情報を提供します。プロセスをよく知っている2人によると。政府コンピュータを保護して、テロリストまたは陸軍敵軍のコンピュータにアクセスするのに、その情報は用いられることができます。レドモンド、ワシントンに拠点を置くマイクロソフトと他のソフトウェアまたはインターネットセキュリティ会社は、この種の初期の警報がUを許したことに気づいていました。S. 2人の米政府当局によると、ソフトウェアで脆弱さを利用することは外国の政府に売りました。

若干のケース(マイクロソフトがフィックスを公的にリリースする前にソフトウェアのバグに政府に内報するかもしれないように会社)に、マイクロソフト・スポークスマンが言ったプロセスは志しました危険を評価して、減らすことの「初期の出発点」を政府機関に与えます。

その他の場合、沖合データと施設(通常Uで裁判官の命令を必要とするアクセス)に、テレコミュニケーション企業がアクセスを提供すると、ブルームバーグは報告しました。