yahooがPRISM加入前に裁判所と論争

伝えられるところでは、最終的に失敗して、PRISM(国家安全保障局の論争の的となる監視プログラム)の一部になる前に外国のユーザーを見張るのをそれが助けるよう、ヤフーは米国の政令に要求しました。

論争の詳細は、かなり編集された裁判所命令(PDF)を越えて決して公表されませんでした。しかし、ヤフーが懸念について命令のチェックのために2008年に修正第4条が不合理な捜索・押収に対して起こすそのユーザーのものを冒涜するように、米国Foreign Intelligence Surveillance Courtに請願した名前の付いていない会社であると、関係者はニューヨークタイムズに話しました。

会社の懸念が「大袈裟だった」、そして「非対象とされた米国の人のついでに収集した通信は修正第4条を犯しません」と、法廷は答えました。同社が「実際の危害の証拠、エラーの少しの実にひどい危険性もまたは虐待への少しの幅広い可能性も示さない」と、法廷は結論しました。そして、その個人を保証されない有害性から保護して、付帯的な侵入を最小にするために政府がいくつかの層の役に立つセーフガードを設けた所でを加えました。国家の安全を保護するその努力は、法廷に失望してはいけません。

伝えられるところでは、米インターネット会社がプリズムと呼ばれているNSAのプログラムと協力すると、最初のレポートにはU.K.ベースの保護者で、そしてワシントン・ポストで先週ありました。しかし、それ以来レポートは誤っていることが示されました。そして、ポストとガーディアンは彼らの最初の主張から退きました。

そのうえ、結局、いわゆるPRISMプログラムがスパイ・プログラムの名前でないことがわかります。それは、2008年に議会によって作成されて、2012年12月に最後に再開される法的プロセスによって集められるデータを照合するのに、用いられる内部のNSAソフトウェア・ツールの名前です。 Foreign Intelligence Surveillance Courtによって監督されて、「702」が司法省を処理する。そして、議会が「テロリズム、敵対的なサイバー活動または核拡散の防止」に関連した調査において米国以外の市民の上で情報については命令に従うことを会社に要求する。ヤフーは、プログラムへの参加に注意していて、彼らを「断定的に間違った」と言っている申し立てを先週拒みました。「我々がユーザ・データを米国政府と共有すると申し出るいかなるプログラムにも、Yahoo!は加わりませんでした」と、Counselロン・ベル・ヤフー将軍は土曜日にTumblr柱で書きました。我々は、ユーザー情報を自発的に明らかにしません。起こる唯一の発表は特定の要求に応じてあります。